全日空で活躍する女性達も多くなってきている

航空業界は看護業界と同じく、まだまだ女性が多く活躍する業界となっています。
もちろん、少しずつ男性の姿も見えるようにはなってきていますが、まだそんなに数は多くありません。
実際、私達が飛行機を利用する時に機内で見かけるCAは女性がほとんどで、男性の姿は滅多に見かけませんよね。
全日空では男性のCAも積極的に採用しているとの事なので、男性で目指している方にとっては良い情報だと思います。
それに、全日空では今までの雇用体制を変えて正社員化をスタートさせましたから、さらに良い時期ではないかと。
なぜ正社員化を始めたのかについては、次のリンクで確認してみて下さい。
全日空はなぜ客室乗務員を正社員化にしたのか


女性管理職も頑張っている

パイロットはまだ男性の方が圧倒的に多いのですが、管理職については女性も増えてきています。
CAも立派な管理職ですし、その他にも整備や事務など様々な職種でリードする女性達も全日空では多くなってきているのです。
業務内容が厳しいものであったとしても、それをいかにこなしていくのかしっかり考えて進めています。
女性社員率は50%を超えていますが、女性管理職比率はまだ10.9%と低くなっています。
低く感じるのですが、実はこれでも年々増加しているようです。
人として志を高く持つことが大事だと考える方や、良い意味で女性らしさを持って仕事をする事の大切さを胸に抱いている方。
それぞれ信念を持ちながら自分の業務を行っているのです。


教育の仕方についても考えている

女性管理職に就いている方々は、部下の教育や管理にもしっかり力を入れています。
全日空はCAの質が高く求めるレベルの高さも非常に高いことで有名ですが、どのような教育を行っているのでしょう。
CAの正社員化を始めたのは、少しでも早い段階から客室乗務員たちの人材育成に力を入れるためではないかと言われています。
さぞかし厳しい訓練を行うのだろうとは思うのですが、それでも他人と比較する事は避けているようです。
全日空に勤める女性管理職のある方は、新人指導する際二人を比較して「どうしてあなたはできないの?」と言ってしまったそうです。
その言葉を言われた女性は「自分の努力を見てくれない」と嘆いたのだとか。
その際、指導していた女性管理職の方は「比較するのではなく、個人として成長させる必要がある」と学んだそうです。


全日空は女性も管理職を目指せる

航空会社の花形といえばやはりCAだと思います。
ただ、その存在だけで成り立っているというわけではなく、その客室乗務員を指導する管理職の方々というのも大事な存在です。
まだ男性の方が管理職の比率も高くなっているようですが、今後女性の比率も上がってくるのではないかと思います。
全日空ではCAの正社員化も始めましたし、その効果もあって管理職を目指す女性も増えるかもしれませんね!

この投稿は1月 19, 2016に公開されました。

CAを正社員にした本当の理由が知りたい

皆さんもすでにご存じだとは思いますが、全日空がCAを正社員化にしましたよね。
そのニュースを見て「えっ、正社員じゃなかったの?」と初耳だったという方も案外多かったようです。
実は、ほとんどの航空会社では入社してから3年間は契約社員として扱われ、4年目になってから正社員を希望する事が可能というスタイルだったのです。
ですから今までCAになりたいと考えている方の中には、これが原因で諦めてしまう方もいたようなのです。
しかし、全日空が正社員化をスタートさせたことにより、少しずつ現状が変化してきているようです。
一体、なぜこの時期に正社員化をスタートさせたのでしょうか?
全日空がCAを正社員化にした目的とは?


全日空は人材育成に力を入れたかった

経営状態を黒字にすることが出来て、ライバルであるJALが破綻したことにより、少しずつ状況が変わってきました。
波に乗った全日空では便の数も増えて利用者を増やすことにも成功しましたが、人手不足を懸念してCAを募集する事になりました。
きっと、JALの二の舞になってはいけないという思いもあったのではないかと、個人的には思います。
全日空はCAの育成に力を入れており、求めるレベルが高いという点も特徴の一つ。
そこで専門家や評論家は「早くから人材育成に力を入れて、優秀にしたいという考えがあるのでは」とみているようです。
言われてみればその可能性もありますが、果たして本当のところはどうなのでしょうか。


本当は好感度を上げたかった?

専門家達は上記のようなとらえ方をしたようですが、私は違います。
今現在、年齢が40代以上の方々は正社員雇用が当然だという考えを持っていますし、そういった中で育ってきています。
そのため、契約社員や派遣社員というものについて良く思っていない方が多いのです。
全日空がCAを正社員化にしたのは、正社員雇用する事で会社の好感を上げたかったからではないかと私は考えています。
CAを正社員雇用する事で良いイメージをもってもらおうと考えたのではないかと。
実際どんな理由があれ、長年かけてようやく正社員雇用ということでとても良いことなのではないでしょうか。
契約社員だったせいで就くことのできなかった役職を目指すことも可能になりましたし、実力次第で上を目指すことが出来る環境も整いました。


理由はどうであれCAにとっては喜ばしい事

全日空がなぜ今更になってCAを正社員化にしたのか、具体的な事はわかっていません。
本当に人材育成に力を入れたかったからなのか、それとも好感度を上げたかったからなのか。
そこはわかりませんが、CAにとっては非常に喜ばしいことだと思います。
今まで目指せなかった役職を目指すことが可能ですし、実力次第で高い地位を目指すこともできます。
頑張っていく励みになって良いことですよね!

この投稿は1月 19, 2016に公開されました。

全日空なら安心かつ楽しい時間を過ごせる

私達が生活する中で、航空会社というのはとても大きな存在ですよね。
新幹線で移動する方や旅行する方もいますが、飛行機を利用した方が時間短縮も出来ます。
ですが、飛行機が怖いから乗ることが出来ないという方もまだ多く、子供大人を問わず不安を抱えている方がいます。
しかし、全日空は安心安全、そして楽しく過ごしながら目的地まで運んでくれるので何も怖いことはないのです。
初めて利用するという方は手続きもわからないでしょうし、あんな鉄の塊が浮くなんて怖いと思っているでしょう。
私も初めて飛行機を見た時は恐怖感がありましたが、全日空に乗ったことでそんな気持ちはどこかへ消えてしまいました。


しっかり整備されているから安心

自動車を運転している方ならご存知かもしれませんが、必ず車検をしますよね。
それは飛行機も全く同じで必ず細かい部分まで点検をして、どこも異常がないかどうか確認していきます。
乗客の命を預かる責任重大な役目を背負っていますから、点検したのちきちんと整備も時間をかけて行います。
全日空では整備を行う基準を決めており、飛行時間によって点検の頻度を決めています。
私達や機内で活躍するCAが安心して飛行機に乗れるのは、しっかり点検と整備を行ってくれているからなのですね。
大分前、私もメンテナンスの見学に足を運んだことがありますが、本当に整備士の方々の表情が真剣そのもので印象的でした。
何度も同じ個所の点検を行い、きちんと整備も行っており全日空なら安心して利用できるなと改めて思いました。


全日空は機内食も美味しい

今までの航空会社の機内食というのは、どうしても味が少々劣っていました。
それは、地上で美味しく食べている者をそのまま調理して出していたことが原因だと言われています。
現在、全日空では気圧の変化による味の変化を研究し、空の上でもおいしい食事が出来るように考え、様々な機内食を開発してきています。
有名ホテルやそのシェフと協力しながら開発し、今では非常に美味しい機内食を提供してくれています。
CAに和食なのか洋食なのか聞かれてお好きな方を選べるようになっていますが、機械があれば両方食べてもらいたいです。
大人だけではなくて子供も空の旅を楽しめるように、お子様用機内食にも力を入れています。
一つ一つが手作りですから味も美味しいですし、目で見て楽しめるよう工夫もされています。
迷ってしまった場合は、CAに相談してみるのも良さそうですよ。


楽しい時間と思い出を作ろう!

飛行機に対して恐怖心を抱いている方も、全日空でしたら安心して利用できます。
飛行時間によって点検や整備頻度を決めているので、安全面もバッチリです。
また、機内食の質も高くなっておりお子様用機内食も充実していますから、空の旅を楽しめます。
最初は怖いと感じてしまうかもしれませんが、すぐにその恐怖心を打ち消し利用する事が出来るようになるはずです。
何か不安な事がある場合には、機内に居るCAに頼ってみてはいかがでしょうか?

この投稿は1月 19, 2016に公開されました。

クレジットカードが数多く発行されている

現在では、大学生でも自分のクレジットカードを持っている方もいます。
原則的に20歳以上で安定した収入のある方でしたら、どなたでもクレカへの申し込みが可能になります。
実は、全日空もクレジットカードを扱っています。
それはANAを利用する方にとって非常にお得な内容になっているクレカです。
航空チケットなどをANAクレジットカードで購入すると、ポイントやマイルがたまるようになっており、その貯まったものを旅行や出張のため、またはお好きなものと交換することが出来るようになっています。
よく全日空を利用するという方は、クレカの申し込みをして使っていく方が何かと便利ですし、お得な特典もあるのでおすすめです。


全日空のクレカはいくつあるの?

すでにお持ちの方でしたらお分かりかと思いますが、数多くのクレカが発行されています。
クレジットを一度も発行したことのない方にしてみればわからないかもしれませんが、国際ブランドにより少々カードのスペックが異なってきます。
スペックだけではなくて年会費にも違いがありますから、申し込みをする際には必ずそれぞれ比較をしてから申し込むようにしましょう。
自分に合ったクレカを発行して、全日空を利用する際に使ってみませんか?
ちなみに、私は持っていないのですが非常に数多くのクレカを取り扱っています。
全日空の公式サイトからも申し込みが可能となっていますので、一度どのようなものがあるのか覗いてみるのも良いでしょう。


プラチナクラスならラウンジも無料

全日空のクレジットカードは、旅行や出張の際航空会社を利用する事でマイルを貯められます。
そのマイルはポイントに交換してショッピングを楽しむことが出来ますし、逆にポイントをマイレージへ移行する事も可能です。
全日空にはラウンジがあり、そちらでは食事をとることが出来ますし新聞もありますからゆったり過ごすことが出来ます。
また、マッサージチェア・シャワーやトイレ、外貨両替機も完備されていて非常に便利です。
このラウンジを無料で利用できるのが、全日空のプラチナクラスのクレジットカードなのです。
年会費は少々お高くなってしまいますが、こちらを持っているだけで会員クラスに関係なく無料でラウンジの利用が可能になります。


思う存分有効活用しよう

全日空からは様々な特典がついているクレジットカードが発行されています。
ショッピングで貯めたポイントを旅行に使うこともできますし、旅行で貯めたマイルをポイントに交換してショッピングも可。
全日空をよく利用するという方におすすめなので、ぜひとも検討してみてはいかがでしょうか。
CAとして活躍している方も一枚持っておくと、非常に良いかもしれません。
普段はCAとして乗客を迎えますが、時には逆の立場に立つことで乗客がどのような過ごし方をしているのか知る事も大切です。
まずは、全日空の公式サイトもしくは、クレジットカードの比較サイトや紹介サイトを検索してみて下さい!

この投稿は1月 19, 2016に公開されました。

全日空を利用するようになったキッカケ

私は暇さえあれば旅行に出かけているのですが、皆さんも旅行はお好きですか?
全く興味がないという方もいれば、好きだけれど時間がなくて行けていないという方も。
確かに、土日だけでは時間が足りませんし連休を狙っても、その連休がなかなかやってこないということでタイミングを逃してしまっている方も多い様子。
私は旅行する際には必ず全日空を利用しているのですが、皆さんにはこだわりがあるでしょうか?
全日空は他の航空会社に比べて、CAの教育制度も良く常に快い接客が出来ているので私はとても好きで愛用しています。


CAのおもてなし精神がすごい

以前、どのCAが最も良いおもてなしをすることが出来るのかコンテストがありました。
実は私もそのニュースを見ていたのですが、本当に優秀な方が優勝していました。
全日空は航空会社の中でも人材育成が厳しいことで有名になっています。
何度か今まで全日空を利用してきましたが、一度も不服に感じたことはありませんでした。
CAはただ立って乗客の観察をしているのではなくて、常に安全第一を考え、動いてくれています。
客室乗務員は最も乗客と触れ合うことが多いフロントラインなので、CAの態度が全日空の顔になるというわけです。
やはりそういった事をきちんと意識しているのか、言葉遣いや立ち位置はバッチリでしたね。
目上の方に対する言葉遣いや気遣いもしっかりできていたので、非常に好印象でした。


機内食にも惹かれてしまった

CAの方々の接客対応に惹かれたというのも全日空を利用するキッカケです。
しかし、それだけではなくてもう一つの理由があるのです。
それは、機内食で今まで別の航空機にも乗ったことが全く異なっていました。
見た目も色とりどりで美しく目で楽しむことが出来て、実際に食べてみると味も非常に美味しかったです。
空の上では気圧などの関係により、調理しても味が変わってしまうとか損なわれてしまうと言ったことが大きなネックになります。
しかし、全日空ではCAが空の上でも素早くそ料理が提供できるように頑張っています。
私達の見えないところでも頑張ってくれていると思うと、また乗りたいなって思ってしまいますよね。


皆さんも注目してみて

旅行や出張へ行く際、もし全日空を利用する機会があれば、細かい点に注目を。
機内でのCAの接客の仕方や立ち位置、そして機内食のレベルの高さ。
全日空だからこそできるサービスや魅力を探しながら移動時間を楽しむのも良いことです。
もしかしたら、その魅力に魅了されて私のようにこちらしか利用しないと思う方も出てくるのではないでしょうか?
なかなか利用する機会がないという方も、公式サイトや無料動画サイトでどのような感じなのか確認してみて下さいね!

この投稿は1月 19, 2016に公開されました。